2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2012/11/20

【GGM出店者紹介】 クラフト作家の店-暮らしのモノ屋-

おはようございます。
管理人のRIKAです。

今回は、「クラフト作家の店-暮らしのモノ屋-」さんを
紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
studioカラン』 (磁器)
http://studiokaran.web.fc2.com/index.html



TURN』 (木工)
http://endomasahiro.com



am』 (革)
http://amam.kawatofuku.com



『キタムラマサコ』 (ガラス)



Q1.出店の動機をお聞かせください。

植物好きで、アンティークも大好き。
そんなライフスタイルに、似合う、暮らしのものを
見つけて欲しいと思っています。


Q2.出店テーマについてお聞かせください。

おいしい器と、ガラスの葉壜(habin)。
それから使うほどに味がでる革小物。
『暮らしに寄り添う』がテーマです。

Q3.いちおし 又は 出店商品などを お聞かせください。

・studioカラン (磁器)
白と淡い黄色のカップやプレート、ボウルなどおいしい器。

・TURN (木工)
プレートやカッティングボードなどの器や、生活雑貨。

・am (革)
バックや財布、その他生活雑貨。
果物や野菜モチーフのカワイイ物もあります。

・キタムラマサコ (ガラス)
ビンを真ん中でカットし、上部をさかさにし葉受とした一葉挿しの
葉壜(habin)など。


Q4.GGMのご感想を お聞かせください。

沢山の面白いお店があって、休憩の時にはあちこち見て歩きました。
私達のようなクラフトブースはもちろん、珍しい植物屋さんとか、
宝探しのようなアンティークショップとか。
今回も、素敵なものに出会えそうな予感です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回も出店された studioカランさん と TURNさん が
今回は、amさん、キタムサマサコさんとご一緒に
クラフト作家の店-暮らしのモノ屋-として 出店されます。

おひとり おひとりのセンスが輝き
そのブースは 迫力あるものになるのでしょうね。

「このアイテムが、どのように自分の生活に寄り添ってくれるかな?」
と、想像力を膨らませて、4人の作家さんの作品に触れてみませんか?
そして、実際に『暮らしに寄り添う』アイテムに出会えると、嬉しいですね。