2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2012/05/25

【GGM出店者紹介】 立川玄八(長野)

おはようございます。
管理人のRIKAです。

今回は陶芸作家「立川玄八」さんを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
立川玄八(たてかわげんぱち)
http://tblog.stylestore.allabout.co.jp/blog/T00914/


30年ほど広告写真の世界で仕事をしてきました。
粉引きを中心に器や花器を作っています。

最近は、わら灰釉と南蛮(焼き締め)も始めました。
釉薬は全て原点である、木灰と長石と藁灰で作っています。


作陶に当たり一番大切にしている事は、
毎日使っていて愛着が深まる事。
陶磁器でしか味わえない存在感・使用感がある事。


こちらは刷毛目の皿です。
何にでも合い使い勝手が良いそうです。


こちらは粉引きの花器です。
土の塊から削って作っているので重いです。
最初の形がかなり自由なので同じ物はありません。
静物画に描かれているような、瓶や壁をイメージして作っています。
一気に削り落とした断面がきれいです。
野の花木がよく合います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立川さんから届いた器の写真を見ていて

もし我が家に、これらの器があったら
この器は、朝食時の ワンプレートに使いたいな
この器には、煮物を入れよう!
これは、お友達が遊びにきてくれた時に、お菓子を載せてだそう!
と、生活のシーンを想像でき、ワクワクしました。

こんなワクワク感は、
モノを選ぶ時に とっても大切な ものさしになりますね。