2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2014/10/25

【GGM2014 Fall 出店者紹介】 うめぼしの松本農園(三重)

こんばんは。
管理人のRIKAです。

今回は、「うめぼしの松本農園」さんを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うめぼしの松本農園
http://www.facebook.com/ume.matsumotofarm
http://www.matsumotofarm.com



Q.「松本農園」さんの自己紹介をお願いします。

はじめまして。
このたびGGMへはじめて参加させていただくこととなりました
うめぼしの松本農園 と申します。

梅農家の手づくり梅干しを試食販売いたします。
畑から食卓まで自分たちで育てた南高梅をお届けします。




Q.「松本農園」さんのGoGreen!なところを お聞かせください。

わたしたちの住む、三重県南部 その場所自体が GoGreen な空間です。
山と海と緑にかこまれ、大自然の中で日々過ごしております。


Q.今回の出店テーマについて お聞かせください。

はじめての出店となりますので、
一目でわかりやすいディスプレイを心がけます。




Q.今回これを見て欲しい!!ぜひ紹介したいモノやコトを お聞かせください。

まずは試食していただいて、
お気に入りの梅干しを見つけていただければうれしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和歌山県田辺市で100年続く梅農家の松本農園。

現在は、より澄んだ空気、綺麗な水、良い土を求め、
たどり着いた三重県の御浜町で南高梅を栽培されています。
御浜町の雨量は田辺市の約1.5倍もあり、梅の木は生育がやや早く、
果肉が非常に柔らかくなる事も最近分かってきたそうです。

梅の木に話しかけながら、健康状態を確認するのが日課の
5代目店長マツモトキヨシさんが
昔ながらの製法、水・土・塩にこだわりつくした
紀州南高梅100%の熟成梅干しを、あなたもぜひ。