2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2017/05/20

【GGM TOKYO2017 出店紹介 #12】< Urara >


<Urara>
Uraraのせっけん3つのルール
1、苛性ソーダ以外は食べ物、植物でつくること
2、せっけんに個性をだすための材料は自分で収穫すること
3、全ての行程を手作業で行うこと

この、3つのルールに基づいて愛情こめて作っています。
材料は、耕作放棄地で自分で育てたハーブや、無農薬で育てたれら農作物を農家さんにお願いして、摘果や収穫をお手伝いさせてもらい、商品にならない物を買い取らせていただいた物です。
摘果されたものや、規格外で売ることができなくても、それまでかけてきた手間や愛情は変わりません。
商品にならないからと捨ててしまうのは、もったいない。
Uraraは、それらを買い取ることで、捨てられてしまい価値がないと思われているものにも価値をつけていくことを目指しています。
収穫を自分でするのは、農家さんの苦労や手間や愛情を手にとってくれた方により深く伝えられると信じているから。
Uraraのせっけんを通して、農家さんの愛情と暖かさを感じてもらえたら幸いです。
Uraraのせっけんは、雑貨用せっけんです。

<Pick Up>
Mikan juice
農家さんにお願いして、摘果作業をお手伝いさせてもらうところから、このせっけんづくりはスタートします。
摘果とは、美味しいみかんをつくるため、みかんがなりすぎて味が薄くならないようにみかんの数を調整するころです。
摘果されたみかんは、捨てられてしまうこともあります。
その捨てられてしまうみかんをUraraで買い取らせてもらいました。
1つ1つてで絞り、みかんジュースにして、せっけんにいれました。
高齢のご夫婦が、毎日、山の上の畑まで歩いていく大変だと、虫や鳥との戦い、草とりや木の世話…本当に手間をかけてつくられています。
手で絞ることで、農家さんの想いが伝わり、1摘も無駄にはできないという気持ちになります。
そんな農家さんの想いを手にとってくれた方にもお届けできたらと思います。

FB:https://m.facebook.com/urarasoap
instagram:https://instagram.com/urara.soap
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Go Green Market TOKYO 2017

【期間】
2017年
6月3日(土)10:00~17:30
     4日(日)10:00~17:00

【会場】
京王フローラルガーデン・アンジェ
東京都調布市多摩川4-38

【入場料】
500円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#GoGreenMarket #GGM #GGMTOKYO #GGM2017  #GGMTOKYO出店者 #Urara