2010年より始まったGo Green Marketは、おかげさまで年々盛況を増し、東京と名古屋の二箇所で開催されるビッグイベントとなりました。


我々がコンセプトとして掲げている『Go Green』という言葉は「地球環境にやさしく、資源を大切にシンプルな暮らしを送る」という意味を持っています。

これは3R【Re-USE(再利用)、Re-DUCE(軽減)、Re-CYCLE(資源再生)】の実行と共に、私たちの暮らしに欠かせない永遠のテーマだと確信しています。


美しい緑の庭で、厳選されたジャンク雑貨やアンティーク、クラフトやファブリック、植物の寄せ植えやフードなど、その道のスペシャリスト達による様々な提案をお楽しみ下さい。

2011/02/19

"Go Green Market"のポストカード。

おはようございます。
管理人のRIKAです。

イベント主催者であるE&K PROMOTIONSの木堂さんから
"Go Green Market"案内のポストカードが届きました。


こうして形になった物を手にすると
第2回目のイベント準備が 着々と進んでいるのを実感します!



2011/02/08

Go Green !


第2回 Go Green Market 開催にあたり動き始めました!

本来、欧米では "Go Green" は環境にやさしく、資源を大切に、
できることから行動しましょう!という意味で使われています。

ただ単に地球の緑化のみならず、
例えばオーガニックの食べ物、自然素材の洋服、アウトドアの遊び、
リサイクル、シンプルな暮し。。。
まだまだいっぱい有りますが、GO GREEN でいこう!
このような意味です。

だからこそ、今年のGo Green Market は広い範囲で、
Green People の出展者、お客様の参加を募りますので
宜しくお願いします。

木堂

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お問い合わせ】
E&K PROMOTIONS
E-mail:eandkpromotions@gmail.com まで。
(※現在E-mailでのみ受付けさせております)



2011/02/07

日程と会場が決まりました!

こんばんは。
管理人のRIKAです。


次回の『Go Green Market』
日程は、2011年6月4日(土)5日(日)
会場は、前回と同じく『京王フローラルガーデン アンジェ』
に決まりました。

またイベント主催者の木堂さんから

「今回は本来の意味のGO GREEN をめざし、広い意味での出店者、
お客様に参加いただきたく思います。」

のメッセージも届いています。


前回のイベントは、たくさんの方に来ていただいたにも関わらず、
会場のお庭は荒らされる事もなく、ゴミも残っていなくて
終了後、とても清々しい状態だったそう。

こんなGO GREENな行動1つ1つを 積み重ねていく事で、
私たちをとりまく“何か”も 少しずつ良い方向に進んでいくのかも。。。

めざせ☆GO GREEN!
そんな想いで、今回もたくさんの方にお越しいただけると嬉しいです^^



2011/02/05

新たなるプロジェクト。

こんばんは!
管理人のRIKAです。
前回の本掲載のお話に続き、今回はもう1つ嬉しいお知らせです。

次回の開催もあれば良いな・・・
と思っていた『Go Green Market』!
イベント主催者であるE&K PROMOTIONSの木堂さんから
「開催が決まりました」
と、連絡いただきました。


そして、引き続き
私が『Go Green Market』のblog管理人を
させていただくことに。。。。
イベントの詳細は、またこちらから随時させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

また木堂さんが、『Twitter』でも、情報を提供してくださる予定です。
フォローも、どうぞよろしくお願いいたします。



2011/02/04

【報告】ナチュラルガーデニングVol.9に掲載されました。

久しぶりの更新になります。
『Go Green Market』の管理人RIKAです。
寒い日が続きますが、春の訪れを探したくなる時期になりました。
みなさま、いかがお過ごしですか?


去年の6月に第一回目の『Go Green Market』が開催されてから、約8ヶ月が経ちました。
お越しいただいた皆さまには、
素晴らしいイベントだったという記憶がまだ残っているのでは
ないでしょうか?
(そうであれば、良いな・・・)


今年の1月末に発売された『ナチュラルガーデニング vol.9』に


その伝説のイベント『Go Green Market』レポートも掲載されています。
お越しいただいた方も、そうでない方も、本を手にとって見ていただけると
嬉しいです!